FC2ブログ

記事一覧

ミシンカタカタ 

昨日 リビングWEBの記事 掲載になりました。 ↓ かぞくのハンドメイドvol.12 買うならどんなミシン? 私がむすめの洋服を縫うのに使用しているミシンは こちらです。 ボタンホールが、ボタン1回押せば仕上がる 便利なミシンです。   【24日1:...

続きを読む

メルマガをはじめます

突然ですが メールマガジン配信を開始します。 先行情報や、無料の雑貨型紙プレゼントを 配信限定でお知らせします。 今準備中の新事業のモニターも メルマガご登録者様のみ、お申込みいただけます。 Tracking+は展示情報などの更新頻度が少ないので メール配信をご希望の方には、 お見逃しのないよう、先にお知らせしたいと思っています。 本日午後から、↓のフォームにて 仮登録いただき、返信メールにて本登録と...

続きを読む

ビジネス書も読みます。

FBのほうで、いい本を紹介して、とリクエストをいただいたので、 昨年、出会った本を紹介します。 事業計画書を作る必要に追われて何冊か読んで、 こちらが一番、おもしろくて、勉強になりました。 この本は、起業の人向け、というわけではありません。 会社組織の中で 利益を生むためのビジネスモデルの作り方から わかりやすく 説明されています。 事業計画書...

続きを読む

かぞくのハンドメイドvol.11 入学準備に思うこと

昨日、サンケイリビングwebの記事 更新となりました 「めんどうな名前付けも せっかくだから楽しくきれいに!作る小ワザ 」 小ワザですが、「せっかくだから楽しく」というところがポイントです。 しかしですね、 なんで、幼稚園も保育園も義務教育も  「入学準備品」が多いのでしょうね (そもそもそこに疑問が) おさいほうセットも、もっとシンプルなもののほうが 大人になっても使えて、いいのに。 ランドセルだっ...

続きを読む

クタクタお遊戯発表会

バッグフェア5日目となりました。 明日12/10の営業時間のみ、18時半に変更になりそうです。 詳しくはここんtwitter 初日は、フェアの前に、 朝の9時から、一時間半みっちり 保育園のお遊戯発表会へ行ってきました。 3歳児の大きくて元気で、音階のない歌声も 4歳児のかわいい「おいもをどうぞ」(知ってる方いるかしら?) 5歳の、ワザの効いた演技も 見ているだけで涙がでてきてしまいます。 タオルを持っていけばよか...

続きを読む

ドキドキお遊戯会 そのあとフェアが始まります。

今日から 神楽坂ここん (クリックでお店のブログにとびます) で「冬のキャンバス」展がはじまります! 同時開催、ガラス作家さんの雑貨フェアもやります。 冬にガラスっていいかも!あたらしい価値観ですね。 昨日までの「わたしの歴史」 たくさんの方にお読みいただき、 ほんとうに ありがとうございました。 FBのほうに感想もいただいて ゆっくり、お返事させてください。 ブログランキングが4位まであ...

続きを読む

どうしてかばん作家になったのか7 最終回  働く母になって

前回までのつづきです。 2006年に、手作り作家仲間に誘われて 女性起業家の勉強会に参加しました。 わたしのかばんづくりも 事業になる可能性があるかもしれないと感じ、 創業の情報を集めはじめ、 東京商工会議所の起業塾に通いました。 このホームページを作ったのも  ブログをはじめたのもこの年です。 それからは 自己資金をつくるため何年もWワークやトリプルワーク。 バッグデザイナースクール...

続きを読む

どうしてかばん作家になったのか6 ロスジェネ・クリエイターの葛藤

わたしの歴史 つづきます。 かばん作家になれるかどうかわからないけど 始めた頃の話です。 退職した手芸メーカーは、産休・育休がとれない会社でした。 今の私なら「とりま-す!」くらい言ってみるかもしれませんが 当時は、古くからの会社の習慣を ひっくり返す勇気も実力もありませんでした。 友達の勤務先も、いろいろな業種で 深夜までの残業でなんとか回しているところが多くて。 病気...

続きを読む

どうしてかばん作家になったのか5 社会人で展覧会をひらくまで

前回のつづき、 いよいよ21世紀に入りました。 2002年の春、手芸キットメーカーに就職。 商品企画部で、多忙な日々をすごしました。 クリエイターとして尊敬する先輩や 同期・後輩との出会いもありました。 会社ではデザイン画から商品化までの業務をし、 大学時代はノータッチだったコンピューター、 Macのデザインソフトも使えるようになりました。 パッケージデザインをしたり、商品の説明書を作ったり、 カ...

続きを読む

どうしてかばん作家になったのか4 美大生時代のくらし

前回のつづきです。 念願だった、美術大学に現役合格! 日本画を思いっきり勉強して 作家か、絵の先生か、技術を生かした職業につきたいな。 マンガはすっかり描かなくなっていました。 クラスメイトは超達筆で、 筆ペンでマンガをサラサラ描けるんですよー 己のマンガ家になる才能がないことを思い知りました。 通学に往復5時間かかるので、一人暮らしも始めました。 美大の授業料に、アパートの家賃&...

続きを読む

プロフィール

Trackingbag

Author:Trackingbag
Aya kushiyama
櫛山 彩

Tracking+ 
(トラッキング)

神奈川県横浜生まれ、葉山育ち


自宅の一室にアトリエをつくって袋物製造・デザイン業をしながら
都心の革メーカーでバッグの企画職をフルタイムでしている
二足の草鞋を履いて四つん這いで走っているような主婦です。



2005年からバッグの制作・展覧会をはじめ、
2009年、バッグスクールレプレ 上級コース修了


現在、女児2人の育児にてんてこまい。